英会話に必要な単語、お勧めの勉強方法

東京オリンピックに向けてLet's start English!!

好きなモノを示すには

英会話で大切なことってなんでしょうか?語彙力と答えたそこのアナタ!!果たして本当にそうなのでしょうか?

一見単語を覚えさえすれば会話が問題なくできると思いがちですが、その考えには2つの落とし穴が…

一つはそんなこと物理的に無理!!ということ。本末転倒だけどね。
実際、英語上級者でも日々知らない単語に出くわしているわけです。
もう一つはアウトプットの速さ不足です。単語をたくさん覚えたとして、それを即座に思い出すことができなければスムーズに会話ができないわけです。

テストではある程度長い(個人差はありますが)時間の中でより正しい答案を目指します。しかし、実際の会話ではそうはいきません。
例えばカタコトでたまに英語が混ざるけどけっこう早く反応を示してくれる人とやたらと返答を考え込んで待ちくたびれた頃に返事をする人、どちらと話をしていたいですか?前者はむしろ愛嬌さえ感じますが後者だとイライラが募ってきて、しまいには言葉をきちんと喋れていることにさえ怒りを覚えるかもしれません。

会話をする上でやはり大事になってくるのは自分の想いをいかに相手に伝えられるかということでしょう。あまりに正確さを求めてしまうと無機質な対応になってしまい、相手との間に壁を作ってしまいます。とはいえ、どう話せば良いかというのも難しいかもしれません。

このページではそんな人向けにどういう考え方で単語を身につけ、実際に会話で実践すればいいかを紹介します。

TOPへ戻る